秘密にしたいくらい♡大満足間違いなしのグルメスポット

シーン別☆せンスいいね!と言われちゃうお店のご紹介

【梅田】大阪新名物!ハイセンスなフレンチ串揚げBEIGNET(ベニエ)

大阪名物といえば、たこ焼き、お好み焼き、そして串揚げですよね!

 でもB級グルメなイメージが強く、遠方から来られた方に大阪に来た!ってことを実感してもらえるお店に連れて行ってあげたいと思ってもなかなか高級感のあるお店ってない気がします。

そんな時おススメなのがフレンチ串揚げBEIGNET(ベニエ)です! 

2018年にできた新しいお店なのですごくキレイ!そして接客もとってもいい感じです

f:id:joursheureux:20190811184326j:image

ヨドバシカメラを目指していくと迷わない!

ベニエは梅田・ウメシバにあります。グランフロント北館も近いです。

大阪メトロで行く場合、ヨドバシカメラから地上に上がり、横断歩道を渡ってファーストフードのウェンディーズ側に渡る。左に曲がりコメ兵を通り過ぎたらファミマが見える角で右に曲がり、「petit comptoir(プティ コントワー)」というバルを右手に曲がると着きます。

f:id:joursheureux:20190811184300j:image

ベニエってどんな意味?

ベニエ(BEIGNET)とは、フランス語でドーナツのような揚げ菓子のことです。
 フランスのカーニバルでは、屋台に並ぶそうです。日本でいう人形焼きのような存在なのでしょうか。
とってもオシャレで可愛いらしい名前ですよね!ベニエで提供される串揚げは一般的にイメージする衣とは違いきめ細かでしたが、その秘密は粉をメレンゲ状にして揚げることでふんわりとした衣になるそうです。
 

串揚げは脂っこい?

ベニエでは最新のフライヤー、ドクターフライ「Dr.Fry」という調理器具を使用しているそうです。電波の振動によって水分子の構造を変化させることで、なんと食材が吸う油の吸収量を約半分も削減してくれるらしい!!
 
そのためか、たくさん揚げ物をいただいたのにコースの最後まで全然脂っこくなく胃もたれする感じも全くありませんでした。確かにサクッと口当たりの軽い串揚げばかりでした!

串揚げor串カツの歴史って?

関西では串カツと呼ばれていますが、関東では串揚げと言われているようです。
関西人からすると、串カツって牛肉やアスパラガスなどの野菜、魚介類等何でもアリですが、関東出身の方がイメージする「串揚げ」は豚肉と玉ねぎを交互に刺したものを指すそうです!知らなかった!
 
カウンターやテーブルに置いてあるソースは店ごとに代々継ぎ足して作られており「二度付け禁止」「新世界」がイメージとして挙げられる大阪の串カツは80年ほど前に肉労働者の空腹を満たすために小さなお店が販売を始めたことから広がったそうです。
 
ベニエの串揚げは、このB級グルメである大阪の串カツをおしゃれに昇華させた新感覚グルメと言えそうです!(^^)!

 おススメシーン・お店の雰囲気

断然デートにおすすめ!
テーブル席もあるので、接待やオシャレ女子会にも良さそうです♪
 
お店のスタッフの方はフレンドリーで、どういう食材を使っているか、などお料理やお酒について楽しく説明してくださいました。
カウンターの前に動くガラス戸があり、仕切りになっていて、一皿一皿提供してくれる時に開けられるので自分たちの空間も保たれている感じでよかったです。
 
自分たちの会話も楽しみつつ、お店の方と食材やワインについて楽しく話せて距離感が絶妙でした♪
 
ワインは1杯1杯提供時にボトルを見せてくれて、可愛いラベルのボトルが多かったのでいろんなワインを知れて楽しかったです♪

ベニエ渾身のメニューは1種類のみ!

メニューは全部で15品ありました。ベニエでは月替わりのメニュー1択ですが、事前に苦手な食材を聞いてくれるので安心です。

 ワインにもこだわりがあるようで、常時200種類以上あるとのことでしたがロゼが1種類しかないのが残念でした。

 

最初に出てきたアミューズは一口サイズの小さいシュー生地に、生ハムメロンとバジルが乗ったもので見た目もとっても可愛い♡

生ハムメロンってあまり得意でないんですが、これは甘すぎないさわやかなメロンのお味が甘くやわらかな生ハムとマッチしてすごく美味しかったです!
f:id:joursheureux:20190811093443j:image

和のイメージの強い鱧はきゅうりとバジルを添えて、うまく洋に転換させていました。

暑い夏にうれしい、さっぱりとした味でした。お皿も涼しげで可愛い♡
f:id:joursheureux:20190811093450j:image

皮ごと揚げた金目鯛は、デミグラスソースのようだけど柔らかい口当たりで野菜のうまみがたっぷり感じられる特製ソースがたっぷりとかけられ、パプリカとズッキーニが飾り付けられていました。

これ一番ってぐらいにおいしかったです!

 

カウンターだと目の前で揚げたりソースをかけて盛り付けて1品1品出来上がるのが目に見えて、臨場感たっぷりで楽しいです。
f:id:joursheureux:20190811093515j:image

 蛸は魚介からとった美味しいお出汁をかけていただきます。まさに見た目も味も明石焼き!オシャレなフレンチにこういった関西の鉄板グルメを掛け合わせる遊び心もベニエの魅力の一つです。
f:id:joursheureux:20190811093508j:image

真ん中で切ると、半熟卵がじゅわ~り♪まるで鳥の巣を表現したかのような、細切りにしたジャガイモのフライと濃い目のデミグラスソースが良く合い、パリパリの触感と

上に乗っているトリュフの旨味がアクセントになっていました。
f:id:joursheureux:20190811093512j:image

牛肉のサンドは一口でパクっといただける小ささで、見た目も味も上品な一品でした。これもめちゃくちゃ美味しかった!

 

そしてワインの中で一番おいしかったのがシャルドネで、深くて濃厚で良いお味なのに全然渋くなく、飲みやすかったです(^^♪
f:id:joursheureux:20190811093447j:image

〆のパスタ!一見ラーメンに見えますが洋風パスタです。(でもラーメン食べている気分でした笑。

魚介の洋風のお出汁に三つ葉の香りがよく効いていました。 

麺がちょっと堅かったかなー。量が少なく物足りなかったので、シメ!という感じの

満腹感がなかったのが残念でした。
f:id:joursheureux:20190811093836j:image

デザートはとバニラビーンズたっぷりのバニラアイス。甘すぎず上品なお味でした♡

 

デザートワインもおススメされいただいたのですがはちみつ入ってる?ってぐらい濃厚な甘さでおいしかったです☺

 

この後に温かいハーブティーをいただいたのですが(セットで付いてます)、レモングラスの良い香りが漂うミックスハーブティーで、心が安らぐお味でした♪ワインの酔い覚ましにもなったし、揚げ物のお口直しにピッタリのすっきりとした香りでした。

これはホントに購入したいぐらい美味し過ぎました♡ 

まとめ

1種類のコースのみで全体的に量は少なめで、大食いの私は少し物足りませんでした笑。

シメの前に、満腹具合を聞かれ、追加することもできるとお声がけいただきましたが、串数本でおなか一杯になる気がしなかったので私たちは追加しませんでした。

季節ごとにメニューが変わるそうなので、また秋になったらぜひ伺いたいです。
心もおなかも満たされるステキなお店でした♡  

f:id:joursheureux:20190811193902j:image

 

  

お店情報

℡ 06-6292-2626

大阪府大阪市北区芝田2-5-6 ニュー共栄ビル 1F
梅田駅から徒歩5分
JR大阪駅から徒歩7分
地下鉄御堂筋線北出口から徒歩5分

※競馬の場外馬券場(WINS)の北側

梅田駅(阪急)から254m

営業時間
LUNCH 12:00~15:00(L.O13:00)
DINNER 17:00~23:00(L.O21:00)
定休日 不定休